five safety clases 銃の安全な取り扱い5か条(FSC)

1:銃には常に弾丸が装填されているものとして取り扱うこと

2:破壊したくないものには絶対に銃口を向けてはならない

3:あなたとターゲットの間そしてターゲットの後ろに何があるかを確認すること

4:安全装置があるならば、射撃する意思があるまでかけておくこと

5:ターゲットに狙いが定まるまで、トリガーから指を離しておくこと

FSCがT3PROJ.の基本であり、全て。

T3PROJ.がイベントなどでタクトレを実施している最大の目的は、銃の安全な取り扱い5か条(FSC)の大切さを知ってもらうことです。基本的な射撃はもちろん、障害物を使ったり、移動間射撃をしたり、仲間との連携にチャレンジしながらも、常にFSCが正しく運用できているかをT3PROJ.はチェックしています。

もしあなたがT3PROJ.のイベントに参加したとしても、1日でFSCを完璧にマスターするのは難しいかもしれません。しかし、翌日からあなたがトイガンを扱う姿勢や考え方は、確実に変化していると言えます。そしてそれは、トイガンをより安全に、より楽しく、より長く楽しめるライフワークとして進化させられるものになっていくと言えるでしょう。

その価値は、あなたが思っているより、もっと重要で意義深いものだとT3PROJ.は考えています。

T3PROJ.へメッセージを送る

Copyright (C) T3PROJ. All Rights Reserved.

five safety clases 銃の安全な取り扱い5か条(FSC)
five safety clases 銃の安全な取り扱い5か条(FSC)
  •  

MENU
five safety clases 銃の安全な取り扱い5か条(FSC)
five safety clases 銃の安全な取り扱い5か条(FSC)